医療訴訟を知る

医療行為が正しく行われたかや、患者が死亡や後遺障害などになった場合に、不適切な医療行為があったのではないか、そしてそのような結果に伴った損害賠償が主要な争点となる訴訟のことを医療訴訟と呼びます。
主に民事訴訟のことですが、業務上過失致死傷罪である場合、医療行為のうえでの過失だと刑事責任が問われた刑事訴訟が行われることもあります。


医療訴訟の一般的な手続きは、民事訴訟の手続きと同じ流れですが、専門的な知識を要するため、鑑定を行うことが他の事件よりも多かったり、患者側が訴訟をするに先立って、カルテの改ざんを防止したり、カルテを入手する目的で証拠保全を行う場合が多いことが手続き上の主な特徴です。


刑事事件になることはあまりありませんが、医療事故については医師が業務上過失致死罪に問われることがあります。
患者本人やその家族、病院関係者が警察へ被害届を提出することにより、検察への書類送検や立件となります。
また、警察が独自判断で動くということもまれですがあります。


医療訴訟では、被害者側から医師の損失を証明するのは難しいため、医療訴訟には時間がかかるといわれています。
また、医療者側としても医療が間違いであったと厳しく問われてしまうのは、負担が大きいということもいわれています。
裁判では、真実の追求が困難なことが多く、医療紛争については訴訟外で解決をしようということもあります。
主に、ADR(裁判外紛争解決手続き)や医療メディケーション、無過失保障制度があります。


[PICK UP]
法律の専門家がB型肝炎の訴訟の方法を教えてくれるサイトです ⇒ B型肝炎の訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟とは All Rights Reserved.